店長ブログ店長ブログ

スキーシールの保管方法について

2016.01.09

皆さんスキーシールの保管方法ってどうしています?

これって永遠のテーマな気がします。
これ書いている私も明確な答えが見つからない
そんな状況です。

でも、年間に何十本もシール張替えしている当店だから思うことや
情報をシェアできれば皆さんのお力になれるかな?

と思いました。

ちなみに今年はスプリットボードのシール張替えが多いです。
もはやシールはスキーヤーだけでなくスノーボーダーの問題でもあるようですね。

※グルー(糊)タイプのシール前提の話なので、一部には当てはまらないシールもあります

 

スキーシールの保管|シーズン中

基本的な事から確認です。

シールを使い終わったら干していますか?

シールが含んだ水分を乾燥させていますか?

経験あるかもしれませんが、山行後にザックからシールを出し忘れていたときなど
グルーが水分を含んで白っぽくなったことありますか?

グルーは水分が敵です。
なるべく乾燥させましょう。

ただ注意が必要以上の乾燥はNGです。

グルーに潤いと言うか、柔軟さが無くなってしまうと
板に付きにくくなります。

冬は乾燥しているので1日~2日くらい乾燥させれば大丈夫な事が多いです。

 

イージースキンセーバーなどで保管していませんか?

 

niceedge_7900056-440

キャラバンからはイージースキンセーバー
モンタナからはスキン収納カバー (そのままじゃん。笑)
コールテックスからはプロスキン

と言う名前で販売されている袋状のシールのカバーです。

これは現地で使用するものであって保管用では有りません。
シールと袋をしっかり乾燥させれば大丈夫なこともあるのですが
私はこれで保管してグルーを駄目にした事があります。

シールを長持ちさせたければイージースキンセーバーは
遊びに行く前にセットして、帰ってきたら違うもので保管するのがおすすめです。

 

また乾燥させる環境ですが、
出先で乾燥させるとき

乾燥室など高温の場所で乾燥させていませんか?

すぐ乾かしたい!
なんてストーブの目の前なんてNGです。

出来れば室温で乾かしてください。
似たようなもので

床暖房にも気をつけましょう!

私の失敗談なのですが、最近のペンションとかって
床暖房のところ有りますよね?

山が終わって疲れたーって
ザックの中身も出さずにそのまま床においていたときのことです。

置いたことなんて忘れてご飯を食べて
楽しくお酒飲んだ後部屋に戻って
「なんか暖かいなー?床暖房か?」

って思った瞬間シールを思い出したんですね。

でももう手遅れでした。
グルーはベタベタに変質し始めてました。

 

こんな経験もしているんです・・・(笑)

 

グルーは長時間の高温という状態が一番いけません。

乾燥部屋の暖かいベストポジションとか
床暖房とかそんな場所は気をつけてくださいね。

 

スキーシールの保管|オフシーズン

スキーシーズンが終わって長期保管するときってどうしていますか?
これが一番困りますよね?

メーカーのおすすめする方法を記載しますね。

G3 

長期保存の場合、糊面に付着したゴミをできる限り取り除き、完全に乾かしてください。そして製品出荷時に貼り付けられている透明フィルム、または同様なシートに貼り付けるか、糊面同士を張り合わせ、折りたたんで収納してください。保管場所は高温多湿な場所は避け22℃以下の冷暗所、もしくは北米とは違い湿度の高い日本では糊面の劣化が早く進行する場合がありますので、出来れば冷蔵庫での冷蔵保管をお勧めいたします。
引用 キャラバンスキーシール付属の説明書より

 

BlackDiamond

 

長期間保管するときには、すきんの接着面の間にチートシートを挟んで二つ折りにしてグルーの粘着力を保護してください。スキンが汚れないように付属のスタッフバックに入れて保管してください。長期保管後、最初にチートシートを剥がすときはスキンを室温に戻した後行ってください。
引用 ロストアロー シール付属説明書より

以上代表的なメーカーの説明書きなのですが
実はこれを守っていてもベタベタになってしまうことがあります。

ただこれで確立は減らせます。

 

冷蔵庫もいろいろな理由で使えない人もいると思います。
といか使えない人のほうが多いですよね?

冷蔵庫で保管してもベトベトになったといって持ち込まれるものも有ります。

これはバクテリアやワックスなども影響しているとも言われています。

結局日本においてはベターはあってもベストな保管方法はないようです。
少しでも確立を減らすしか有りません。

独自の保管の方法もあると思います。
でも、ベタベタになってしまった方もう一度確認してみてください。

 

また、バックカントリーに行くぞ!
と直前でシールを確認する方が多いです。

出来ればシーズンに入る前に確認しましょう!
直前ではどうにもならないときもありますよね?

運悪く直前に気が付いてしまった方
ナイスエッジにご相談下さい。

グルーの張替え修理について

時期にもよりますが1週間あればお手元に
グルーを張り替えてお届けできる場合が多いです。

時間があってご自分で張替えをしたい方はこちらをどうぞ
道具も販売しています。

自分でシール張りかえにチャレンジ

やり方がわからない方
リンク先に解説しています。

それでも分かたない方お気軽にご相談ください。

 

最後に余談なのですが私趣味でカメラを結構所有しています。

レンズにはカビが大敵でそれを防ぐのに防湿庫というものを持っています。
私が使っているのはこのタイプです。

これで湿度を一年中好きな湿度に保てます。
カメラなので40%くらいにしているのですが
夏でも湿度を低く出来るので中に手を入れるとヒヤッとします。

これ使えるんじゃないかな?
と思っていますがまだ実験していません。

シールだけならコンパクトにこちらで良さそうです。

 

1万円って高くない?
って思うのですが当店でもシールの張替えで¥7,560(2016.1現在)いただいています。
送料を足せば¥9,000弱です。

何本もシールを所有しているのならば安いです。

冷蔵庫で奥さんに怒られることもありませんし。

早く実験したいのですが中にいっぱいカメラが入っています。
そのうち実験して報告したいと思っています。

首を長くしてお待ちください。

 

 

 

 


一覧へ