店長ブログ店長ブログ

22デザインのアウトロークランポン(B&Dスキーギア)の取り付け方

2017.03.15

B&Dスキーギアから販売されている
22デザインアウトロー専用クランポンの取り付け方の説明です。

メーカーの説明書も必ず目を通してください。
精度を出すためにメーカーの説明書より若干工程を多くしています。

22デザインのアウトロー専用クランポンの取り付け方

工程1
1、ビンディングが板のセンターにまっすぐ取り付けられているか確認

 もし曲がっていたら、クランポンはビンディングに対してでなく
 板に対して真っ直ぐに取り付ける必要があるので注意してください。
 工程2で調整が必要です、

工程2
2、付属のプラスチックのテンプレートを写真のように置く
 (左右のサイズには若干の余裕があるのでセンターになるように)

resize0103

工程3
3、テンプレートの固定
 (しっかり動かないように、メーカーは両面テープを推奨)

工程4
4、ポンチで位置決め
 (テンプレートがあるので、ポンチはしなくても良いですが
 しっかり位置を決めるために使ってます)

resize0104

工程5
5、下穴開け

resize0105

わたしはこういうのを使っています。

深くいかないようにテープを貼っておくと良いです。
下穴なので最終の9.5mmまで開けなくても問題ありません。

工程6
6、穴あけ

2.5mmくらいのドリルで深さ9.5mmの穴をあける。
テープを貼っておくと深さの目安になるので良いです!

resize0106

工程7
7、テンプレートを取って穴を確認&バリ取り

テンプレートのせいで9.5mmまで到達していないかもしれないので
再度9.5mmまで穴あけ

そして穴の端のバリをカッターで落とす

resize0112

工程8
8、穴に防水液を入れる

resize0108

工程9
9、本締めの手前までネジを閉める

resize0109

工程10
10、本締め

クランポンを通し、まっすぐに入ることを確認してそのままネジの本締め

手順9までをしっかりやっていればどこも干渉しないと思いますが、
クランポンとマウントブロックの動きがシブかったら
一番良い位置に微調整をしてから本締めしてください。

resize0110

出来上がりはこんな感じです!

resize0111

今回は22デザインのアウトローでの説明でしたが
AXL(アクセル)でも工程はほぼ同じですので参考にしてください。

当店でご購入いただいたクランポンの取り付けは無料です。
お持ち込みの場合は3000円でお受けいたします。

B&Dスキーギアのアウトロー専用クランポンをお探しの方、
ご購入はこちらです。
同じくアクセル専用クランポンはこちらです。


一覧へ